« ふっゆ~が~はーじまるよっ……orz | トップページ | 下村さん »

音楽の美しさと語りの妙だろうか……?

録画してるから寝ようと思ったのに結局最後まで観てしまいました。

『トニー滝谷』

不思議な映画でしたけど、嫌いじゃない感じで。
ナレーションを西嶋さんがやってらっしゃいました。
魅惑的な声ですね。好きです。

村上春樹の小説を読んでいる錯覚に陥るような、活字的な映画でした。
全編にわたり流れ続けているのに、まったく邪魔にならない音楽って凄いと思います。
さすが坂本龍一。

難解な表現方法であるような気がするんですけど、なぜか納得してしまうような、理解してしまうような(或いは理解した気になる)映画でした。
市川準監督の映画って初めて観ましたけど他の作品も観てみたいですね。
どこか岩井俊二を連想させる節がありましたけど……そんな風に言ったら両監督のファンの方に怒られるか(汗)

映画を観て文章を想像してしまった映画は初めてです。
これが活字だったらどういう風に表現されているんだろう?
とかね。
村上作品はそれほど読んだことがありませんが、表現方法は多彩ですよね?
わりと細かい印象がありますけど、どうなんでしょう?
しっとりとした美しい文章が綴られてるんじゃないのかなぁ。

原作を読みたくなる映画でした。
面白かったです。



以下、どーでもいい話。





心底どーでもいいけど。売れてるらしいですね。恋/空?
映画が始まったら余計に売れ始めてるらしいですよ?
新垣人気だと思いますが(がっきーはカワイイ)

うちの従妹(高校生)も読んでるみたいです。
なんでしょう?身近に感じるんでしょうか?
面白いのかなぁ?
モノは試しで今度読んでみようかなぁ?(と言いつつ立読みで挫折したことがある)
携帯小説(もしくはブログ小説)系は、その媒体を通して読めば面白いと思うけど、本という形態を取ると一気に魅力が半減すると思いませんか?
私も、モリが出るって判ってからはぼくちゅうをずっと読んでますけど、『本』を買って読もうとは思いませんもの。
確かに面白いけど、ブログで読むから面白いんだと思うんですよね。

サラリーマン風のお父さんがソレ系の携帯小説3冊セットで買っていくらしいです。
『活字を読まないよりは読んだ方が良い』
というような理由でお父さんが娘に買って行ってあげてるんじゃない?
と、叔母は言っておりました(本屋勤務)

私なんかに言わせれば、
『携帯小説読むくらいなら児童書読んだ方がよほど良作に出会えるべや?』
って感じなんですけどね(^_^;)


横書き文章を本で読むのはしんどいんだよね。
たぶん英語恐怖症だからだ(笑)


|
|

« ふっゆ~が~はーじまるよっ……orz | トップページ | 下村さん »

映画」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

CS」カテゴリの記事

コメント

どうもー!みちです☆

私はまだ本とか映画になる前に、携帯で読みました。大学時代に、友達が『携帯小説が面白い!』と言っていたので、URLを教えてもらったんです。で、『恋空』を勧められたんですけど…

携帯小説は目が疲れるんですね(*_*)
内容としては、『何だよ~!!』と主人公に何度か突っ込みを入れちゃいました★

携帯で読むと無料ですが長いので、読むなら疲れない程度に頑張ってくださいね(笑)

長文失礼しました(>_<)


投稿: みち | 2007.11.21 18:41

みちさん、いらっしゃいませ〜★

携帯小説は接続してる時間がもどかしいですよね(^_^;)
私も学生の頃に通学時間に読んでましたが、新幹線だったのでトンネルにはいると切れちゃって「きーっ!」てなりました(笑)
因みにSFっぽい推理小説でしたけど(^_^;)本職のハードボイルド系作家の方のものでしたが。

投稿: フジオカ | 2007.11.22 04:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166837/9037183

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽の美しさと語りの妙だろうか……?:

« ふっゆ~が~はーじまるよっ……orz | トップページ | 下村さん »